個人再生 連帯 保証 人 / しろくま法律事務所

しろくま法律事務所 > 債務整理に関するキーワード > 個人再生 連帯 保証 人

個人再生 連帯 保証 人

  • 債務整理を弁護士に依頼するメリット

    ・依頼の利益になる最良の方法を行ってくれる債務整理には、過払い金請求、任意整理、特定調停、再生、自己破産といった様々な方法があります。弁護士に相談すれば、現在の依頼にとって最も利益となる方法を選んでくれます。この点、任意整理であれば司法書士に依頼することもできますが、扱える債務額が140円以下という制限が...

  • 個人再生と自己破産の違いとそれぞれのメリット

    再生と自己破産は、いずれも裁判所を通して債務整理を行う方法です。二つの制度の違いとそれぞれのメリットを紹介します。 ■再生と自己破産の違い再生と自己破産の違いは、借金の減額、財産の没収の有無、資格制限の点にあります。まず、再生は、借金が100万以上500万円未満なら返済額が100万円、借金が500...

  • 任意整理のメリットとデメリット

    任意整理は、債権者との交渉によって進められることから、再生や自己破産といった他の債務整理に比べて裁判上の煩わしい手続きが不要です。任意整理を弁護士に依頼した場合、債権者との交渉や連絡事項は主に弁護士を通して行われます。また、返済額を確定する必要があるため、債権者からの支払督促も止まります。交渉において債権者と...

  • 債務整理とは

    債務整理には、過払い金請求・任意整理・特定調停・再生・自己破産があります。 ・過払い金請求過払い金請求とは、法定利息を超えた本来支払わなくてよい利息を支払い過ぎた場合に、過払いをした金額を借入先に請求することです。2010年6月18日に改正された貸金業法の施行前では、刑罰法規に違反しないことをよしとして、上限...

  • FXでできた借金は債務整理できるか

    債務整理とは、支払えなくなった借金から解放されるための手続きであって、「任意整理」と「再生」と「自己破産」という主に3つの手続きがあります。 「任意整理」とは、消費者金融などの借入先の債権者と話し合いをして、借金の返済方法を決め直す債務整理方法です。債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、生活に支...

  • 企業、法人による債権・売掛金回収

    企業・法では、多数の債務者から効率よく債権回収を行うということが必要になってきます。そのため、債権額が大きい相手には直接交渉する等の方法を採りつつ、債権額の小さい個々の債務者には画一的に対応するという方法がとられることがあります。例えば、少額の不払いが一定の日数を超えた場合には普通郵便やメールで催促を行い、それ...

  • 遺言書の種類とそれぞれの特徴

    自筆証書遺言のメリットとしては、遺言者がいつでも一で作成できる点や費用が掛からない点が挙げられます。反対にデメリットとしては、改ざん・隠匿の危険があること、全て手書きで作成する点で負担が大きいことが挙げられます。近年、このような2つのデメリットに対応する法整備が行われ、①自筆証書遺言を公証役場で保管する仕組みの...

  • 遺産分割協議と協議書の作成

    具体的にどのようにして相続財産を分配するかについては、相続同士の話し合いを行って決定する必要があります。このような話し合いのことを遺産分割協議といいます。遺言がない場合でも、各相続の相続割合は決まっています。そこで、その相続割合を前提として、どの財産を誰が相続するのかという点を協議にすることにより、財産の分配...

  • 相続財産の分け方や評価方法

    遺言がない場合でも、各相続の相続割合は決まっています。そこで、その相続割合を前提として、どの財産を誰が相続するのかという点を協議にすることにより、財産の分配を行います。■相続財産の評価方法遺産分割協議では、相続財産を相続割合に応じて分配することになります。そのため、金銭以外の財産についても、相続が死亡した時点...

  • 相続人調査とは

    ■だれが相続になるのか相続とは、相続により被相続の財産を承継するのことをいいます。そして、だれが相続となるかを調査することを、相続調査といいます。被相続が遺言を作成していた場合、その記載にしたがって相続が決まります。遺言がなければ、法定相続と呼ばれる、民法上指定されている親族が相続となります。...

  • 相続発生から申告までの流れ

    相続手続きを行うにあたっては、①被相続が亡くなってから3か月以内、②10か月以内という2つの期限を意識して進めていくことが必要になります。それぞれの期間内に行うべきことを、順に解説していきます。■被相続が亡くなってから3か月以内に行うこと・遺言書に関わる手続き相続の流れは遺言の有無によって大きく変わってきます...

  • 過払い金請求をおこなうには

    請求書には、日付、本の氏名と住所、電話番号、請求相手である貸金業者名と代表者、過払い金振込口座と口座番号、「利息を引き直し計算した結果、~円の過払い金があることが判明したので返還請求します」という内容を記載しましょう。・貸金業者との交渉過払い金請求書と計算表を送付すると、過払い金の返還額、返還方法、返還期限につ...

  • 離婚に関する問題を弁護士に相談するメリット

    それもそのはず、愛し合い同じ道を歩むことを決めた二が、もう一度他同士に戻るという離婚では、多くの軋轢が生まれるのです。離婚で問題となるのは、例えば以下のようなケースです。・不倫など不貞行為による慰謝料の問題浮気や不倫が原因となって離婚する夫婦は後を絶ちません。不貞行為の場合には、離婚時に慰謝料を請求することが...

  • 親権と養育費について

    本来であれば、間は自分自身を守るために権利を行使します。しかしながら、子どもはその能力が大と比べて不十分であるため、親が子ども自身にかわり子どもを守るために権利を行使することができるのです。親権には、身上監護権と、財産管理権の2つの権利が含まれています。身上監護権とは、子どもを叱る懲戒権を含めて子どもの身の回...

  • 財産分与の対象

    「定年退職後した夫が家でダラダラと過ごしている生活に耐えられない。熟年離婚を考えているが、老後が心配だ。年金はどうなるのだろうか。「結婚後の妻と折り合わず、離婚しようと考えているが、家のローンが残っている。離婚に際しては、今後のお金についてこのようなお悩みの方が数多くいらっしゃいます。このページでは、離婚問題にま...

  • 浮気・不貞行為が理由の離婚と慰謝料

    浮気や不倫により離婚に至るケースは数多くあり、しばしば芸能のそうした離婚がニュースに取り上げられています。夫婦が話し合いにより離婚を決定できる協議離婚においては、離婚の理由は問われないため、浮気や不倫を理由として離婚することも当然に可能です。一方で、裁判による離婚では、浮気や不倫の定義が重要になってきます。民法...

  • 交通事故に遭ってしまったら?事故発生から解決までの流れ

    また、が乗車している車同士の事故であったとしても、怪我がない場合には物損事故として取り扱われることがあります。2.身事故とは、が被害にあった事故のうち、被害者が生存しているものをさします。身事故における被害者の怪我の程度はさまざまで、打撲のようなものから、後遺障害が残ってしまうようなものまで含まれています...

  • 離婚の話し合いに応じない妻と別れるには

    また、弁護士は、本の代理として、法律の知識に基づいて妻との離婚交渉を進め、説得することができます。 それでも話し合いでは離婚ができない場合、調停離婚や裁判離婚が考えられます。 調停離婚は、家庭裁判所において、中立的な立場の調停委員を介して、夫と妻が顔を合わせずに話し合いを進めて、合意をして成立する離婚のことで...

  • 大阪市の労働問題は弁護士にご相談ください

    請求を個で行うと、証拠集めや会社との交渉、書類の準備など、手間と時間がかかります。 そこで、会社に対して残業代を請求したい場合に弁護士に依頼すれば、残業代の正確な金額を計算することができます。残業代発生の証拠についても、何をどのように集めれば認められやすくなるのか、アドバイスすることができます。また、会社との交...

Knowledgeしろくま法律事務所が提供する基礎知識

  • 企業、法人による債権...

    ■任意による債権回収と強制的な債権回収お金の貸主は借主に対して返還請求権を有し、物の売り主は飼い主に対して代金支払い請求...

  • 自己破産の手続きにか...

    自己破産の手続きには少なくとも半年程度の期間がかかります。さらに手続き期間は場合によってより長くなる場合があります。&n...

  • 連れ子の相続権

    相続権は原則として配偶者は血族にのみ認められるものですから、連れ子には相続権が認められないのが原則です。しかしながら連れ...

  • 不動産トラブルを抱え...

    ■不動産トラブルはしろくま法律事務所へご相談ください不動産トラブルを弁護士に依頼することには、①必要な対処法を知ることが...

  • 過失割合

    ■過失割合とは交通事故における過失割合とは、各当事者にどれだけの過失があったのかを、9対1、8対2などの割合により表した...

  • 財産分与の対象

    「定年退職後した夫が家でダラダラと過ごしている生活に耐えられない。熟年離婚を考えているが、老後が心配だ。年金はどうなるの...

  • 相続財産の分け方や評...

    ■相続財産の分け方遺言がない場合でも、各相続人の相続割合は決まっています。そこで、その相続割合を前提として、どの財産を誰...

  • 離婚の種類と手続き

    「夫がDV(家庭内暴力)を繰り返すようになったので、離婚したい。どうすれば安全に離婚について話し合うことができるだろうか...

  • 大阪市の労働問題は弁...

    残業代の未払い、不当解雇、労働災害、セクハラ・パワハラ、賃金減額など、様々な労働問題があります。労働問題でお困りの場合、...

  • 交通事故に遭ってしま...

    「初めて交通事故の被害にあい、大怪我をしてしまった。入院中で仕事にも行けないが、今後の生活が心配だ。」「コンビニの駐車場...

Keywordよく検索されるキーワード

ご挨拶

今日の世界は、莫大なモノとサービスで構成されています。高度な通信技術で世界中の人が繋がっています。日々研究や技術が進歩しています。中でもAIは大注目を浴びています。人の価値観はますます多様化しています。10年後の世界は私には想像できません。しかし先が見えなくても人は希望を持って各々得意なことを追求していきます。そこで必要になるのは正しい「決断」の連続です。正しい決断には「勇気」が要ります。人が勇気ある決断を重ねていけば、目の前の人、世界中の人の役に立てるはずです。しろくま法律事務所は「あなたの決断に勇気を与える」ことを理念に据え、一人でも多くの人が目の前の人、世界中の人の役に立てるようサポートします。

Lawyer弁護士紹介

(五十音順)
佐山寧秀先生の写真
弁護士
佐山 寧秀(さやま やすひで)
経歴
  • 東北大学法学部卒業、東北大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年  鈴木俊生法律事務所入所
注力分野
離婚や相続などの親族トラブル、労務問題
庄司諭史先生の写真
弁護士
庄司 諭史(しょうじ さとし)
経歴
  • 京都大学法学部卒業、立命館大学法科大学院 修了
  • 平成27年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人i東大阪法律事務所入所
注力分野

破産や再生などの倒産案件、事業承継案件

交通事故

浜田将裕先生の写真
弁護士
浜田 将裕(はまだ まさひろ)
経歴
  • 関西大学法学部卒業、京都大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人中央総合法律事務所入所
活動
  • 平成27年1月~現在 民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会委員(大阪弁護士会)
  • (一社)日本時計輸入協会CWC
書籍
  • 「企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業譲渡・会社分割・株式譲渡・合併・更正再生清算」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業再生の実務」(第一法規)共著
  • 「金融機関の法務対策5000講」(きんざい)共著
注力分野
不動産案件、債権回収案件、反社会的勢力やクレーマー対応案件
『郵便局だより 堺地区西部2020年』に掲載していただきました。

Office事務所概要

事務所内観・外観写真

名称 しろくま法律事務所
所属 大阪弁護士会
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-3 ヴェール中之島北402
電話番号 / FAX番号 06-6949-8229 / 06-6949-8239
定休日 土日祝、お盆・夏期休暇、年末年始
アクセス 「南森町」 駅より徒歩10分、「淀屋橋」駅より徒歩10分、「北浜」駅より徒歩8分

ページトップへ