財産分与の対象 / しろくま法律事務所

しろくま法律事務所 > 離婚・家族関係 > 財産分与の対象

財産分与の対象

「定年退職後した夫が家でダラダラと過ごしている生活に耐えられない。熟年離婚を考えているが、老後が心配だ。年金はどうなるのだろうか。」
「結婚後の妻と折り合わず、離婚しようと考えているが、家のローンが残っている。今後は一人で返済していかなければならないのだろうか」
離婚に際しては、今後のお金についてこのようなお悩みの方が数多くいらっしゃいます。
このページでは、離婚問題にまつわる数多くのキーワードのなかから、財産分与の対象について、くわしくご説明してまいります。

 

■財産分与とは
そもそも財産分与とは、どういったことをさす言葉なのか、整理しておきましょう。
財産分与とは、結婚期間中に夫婦が共同で築いてきた共有財産について、離婚に伴ってそれぞれに分割することをさします。
結婚期間中は夫婦が同じ家計で生活していきます。
財布や預金がまったく同じではない場合もあるかもしれませんが、夫婦が仕事や家事や育児などの役割を分担しながら行って暮らしていることに変わりません。
こうして築いてきた共有の財産を、離婚するときに一方のものにしてしまうのは不合理です。
そこで、夫婦それぞれのものへ分割する必要がでてくるのです。
現在は、多くの夫婦が清算的財産分与という方法で財産分与を行っています。
清算的財産分与とは、夫婦それぞれが共有財産の2分の1ずつを得られるようにする財産分与の方法です。
もちろん協議離婚では財産分与の方法についても夫婦間の合意で決めることができますが、離婚後の経済状況を大きく左右する問題ですので、とても重要なテーマといえるでしょう。

 

■財産分与の対象
財産分与の対象となるのは共有財産であることは、先ほどご説明した通りです。
しかし、ここでいう共有財産には、マイナスの財産なども含まれることに注意が必要です。
財産分与の対象として一般的に思い浮かべられるものとしては、現金や預金、住宅などが挙げられるかと思います。
一方で、マイナスの財産、すなわち住宅や車のローン、借金も共有財産として財産分与の対象となるのです。
例えば、住宅ローンの支払いが残っている持ち家について財産分与をする場合には、そのローンについても夫婦で分け合う必要があります。この場合の現実的な財産分与の方法としては、一方が住み続けながらローンも支払うこととし、差額を相手に支払うということがあるでしょう。

 

ほかにも、年金も財産分与の対象となります。
これは、結婚期間中にはそれぞれが家庭での役割を果たしていたために年金をためることができたと考えられるからです。
専業主婦であっても、財産分与には何の影響もありません。清算的財産分与を請求する権利があるのです。

 

しろくま法律事務所では、離婚協議書の作成や慰謝料の請求など、離婚問題に関するさまざまなご相談を受け付けております。
大阪市を中心に関西地方からの相談に広く対応しております。
離婚問題についてお困りの方は、お気軽にしろくま法律事務所までご相談ください。
法律と交渉のプロフェッショナルである弁護士が、ご相談者様へ最善の解決策をご提案させていただきます。

Knowledgeしろくま法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚の話し合いに応じ...

    離婚の話し合いに応じない妻と別れるには、どのような方法があるのでしょうか。 まず、離婚の種類には主に、協議離婚...

  • 相続人調査とは

    ■だれが相続人になるのか相続人とは、相続により被相続人の財産を承継する人のことをいいます。そして、だれが相続人となるかを...

  • 過払い金請求をおこな...

    過払い金請求とは、法定利息を超えた本来支払わなくてよい利息を支払い過ぎた場合に、過払い金額を借入先に請求する債務整理の1...

  • 離婚の種類と手続き

    「夫がDV(家庭内暴力)を繰り返すようになったので、離婚したい。どうすれば安全に離婚について話し合うことができるだろうか...

  • 債務整理を弁護士に依...

    ・依頼人の利益になる最良の方法を行ってくれる債務整理には、過払い金請求、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった様...

  • 不動産トラブルとは

    ■不動産トラブルとは不動産トラブルとは土地や建物に関する法的紛争をいいます。よくある不動産トラブルとしては、売買や賃貸借...

  • FXでできた借金は債...

    FXでできた借金を債務整理することはできるのでしょうか。結論としては、FXでできた借金を債務整理することは可能ですが、自...

  • 遺産分割協議と協議書...

    ■遺産分割協議とは具体的にどのようにして相続財産を分配するかについては、相続人同士の話し合いを行って決定する必要がありま...

  • 財産分与の対象

    「定年退職後した夫が家でダラダラと過ごしている生活に耐えられない。熟年離婚を考えているが、老後が心配だ。年金はどうなるの...

  • 遺言書の種類とそれぞ...

    ■遺言の種類遺言が法的効力を持つためには、民法上の方式にしたがって作成されていることが必要になります。民法上認められた遺...

Keywordよく検索されるキーワード

ご挨拶

今日の世界は、莫大なモノとサービスで構成されています。高度な通信技術で世界中の人が繋がっています。日々研究や技術が進歩しています。中でもAIは大注目を浴びています。人の価値観はますます多様化しています。10年後の世界は私には想像できません。しかし先が見えなくても人は希望を持って各々得意なことを追求していきます。そこで必要になるのは正しい「決断」の連続です。正しい決断には「勇気」が要ります。人が勇気ある決断を重ねていけば、目の前の人、世界中の人の役に立てるはずです。しろくま法律事務所は「あなたの決断に勇気を与える」ことを理念に据え、一人でも多くの人が目の前の人、世界中の人の役に立てるようサポートします。

Lawyer弁護士紹介

(五十音順)
佐山寧秀先生の写真
弁護士
佐山 寧秀(さやま やすひで)
経歴
  • 東北大学法学部卒業、東北大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年  鈴木俊生法律事務所入所
注力分野
離婚や相続などの親族トラブル、労務問題
庄司諭史先生の写真
弁護士
庄司 諭史(しょうじ さとし)
経歴
  • 京都大学法学部卒業、立命館大学法科大学院 修了
  • 平成27年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人i東大阪法律事務所入所
注力分野

破産や再生などの倒産案件、事業承継案件

交通事故

浜田将裕先生の写真
弁護士
浜田 将裕(はまだ まさひろ)
経歴
  • 関西大学法学部卒業、京都大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人中央総合法律事務所入所
活動
  • 平成27年1月~現在 民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会委員(大阪弁護士会)
  • (一社)日本時計輸入協会CWC
書籍
  • 「企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業譲渡・会社分割・株式譲渡・合併・更正再生清算」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業再生の実務」(第一法規)共著
  • 「金融機関の法務対策5000講」(きんざい)共著
注力分野
不動産案件、債権回収案件、反社会的勢力やクレーマー対応案件
『郵便局だより 堺地区西部2020年』に掲載していただきました。

Office事務所概要

事務所内観・外観写真

名称 しろくま法律事務所
所属 大阪弁護士会
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-3 ヴェール中之島北402
電話番号 / FAX番号 06-6949-8229 / 06-6949-8239
定休日 土日祝、お盆・夏期休暇、年末年始
アクセス 「南森町」 駅より徒歩10分、「淀屋橋」駅より徒歩10分、「北浜」駅より徒歩8分

ページトップへ