交通事故の過失割合が8対2だった場合の賠償金や対応方法 / しろくま法律事務所(大阪市北区の弁護士)

しろくま法律事務所(大阪市北区の弁護士) > 交通事故 > 交通事故の過失割合が8対2だった場合の賠償金や対応方法

交通事故の過失割合が8対2だった場合の賠償金や対応方法

交通事故の被害に遭われた方の中には、その過失割合に納得いかないという方も少なくありません。
このページでは、交通事故に関する多くのテーマの中から、過失割合について具体的にご説明いたします。

 

過失割合とは

まずは過失割合について整理しておきましょう。
交通事故の過失割合とは、発生した交通事故の当事者間の過失を割合で表したものです。過失割合を基に、損害賠償の金額が過失相殺され、最終的な損害賠償の金額が確定します。
交通事故は、当事者の一方のみに過失があったとは言い切れない場合も多く、過失割合を用いて損害賠償請求の処理を簡便にしているのです。
過失割合の決定は警察が行うものではなく、多くの場合保険会社から提示されます。警察はあくまで実況見分調書の作成などを行うのみであり、過失割合については民事上の問題であるとして、民事不介入の原則から関与しないことになっています。

 

■交通事故の過失割合が8対2の場合

ここでは、具体的に過失割合が8対2の場合を想定してみましょう。
加害者に100万円の損害があり、被害者に1000万円の損害があった場合を考えます。加害者の損害について8割の80万円が加害者の負担であり、2割の20万円が被害者の負担です。被害者の損害について8割の800万円が加害者の負担であり、2割の200万円が被害者の負担です。
このとき、過失相殺を行う場合には、被害者が加害者から780万円の支払いを受けます。
それぞれが過失分を支払う場合には、加害者が被害者へ800万円支払い、被害者が加害者へ20万円支払います。

 

過失割合に納得できない場合

過失割合に納得できない方も多くいらっしゃいます。
最初に提示される過失割合は、あくまで保険会社が判断したものであり、必ずしも正しいとは限りません。当事者間の合意によって過失割合を決めることができるため、納得できない場合にはきちんと主張することが大切です。
しかし、過失割合でもめた場合、交通事故の案件を多く担当している保険会社の担当者を相手にすることは、一般の方には難しいものです。
過失割合は、その交通事故より前に発生した類似の交通事故の裁判例などを基に算定していく必要があり、法令への深い知識が求められます。
過失割合に納得いかない場合は、弁護士に相談されることをおすすめします。

 

しろくま法律事務所は、大阪府大阪市を中心として、大阪府にお住いの皆様はもちろん、京都府や兵庫県など関西地方の皆様から広くご相談を承っております。
交通事故に関するお悩みをはじめとして、離婚問題、債務整理、相続問題、債権回収、労働問題、不動産トラブルなど幅広い分野のご相談に対応しております。
交通事故についてお悩み方は、しろくま法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験に基づいて、ご相談者様に最適なご提案をさせていただきます。

Knowledgeしろくま法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の種類とそれぞ...

    ■遺言の種類遺言が法的効力を持つためには、民法上の方式にしたがって作成されていることが必要になります。民法上認められた遺...

  • 年収別の養育費相場

    ■養育費とは養育費とは子どもの監護、教育のために必要な費用ことを言います。そして、両親が離婚した場合において、子どもを監...

  • 任意整理のメリットと...

    任意整理とは、債権者との交渉によって毎月の返済額、返済期限、利息の減免など返済方法を見直すことです。債務整理は、債権者と...

  • 連れ子の相続権

    相続権は原則として配偶者は血族にのみ認められるものですから、連れ子には相続権が認められないのが原則です。しかしながら連れ...

  • 離婚に関する問題を弁...

    「離婚を検討しているが、財産分与で意見が折り合わない。わざわざ裁判を起こすのは費用や時間の面から避けたいが、どうすれば解...

  • 管理費・修繕積立金の...

    ■管理費・修繕積立金滞納の問題性とは管理費や修繕積立金の滞納を放置することは、マンションを管理し運営していくうえで大きな...

  • 交通死亡事故の慰謝料

    交通事故の慰謝料に関しては、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の三つの基準によってある程度算出することが可能です。&nb...

  • 大阪市の労働問題は弁...

    残業代の未払い、不当解雇、労働災害、セクハラ・パワハラ、賃金減額など、様々な労働問題があります。労働問題でお困りの場合、...

  • FXでできた借金は債...

    FXでできた借金を債務整理することはできるのでしょうか。結論としては、FXでできた借金を債務整理することは可能ですが、自...

  • 後遺障害等級認定に納...

    交通事故の被害に遭われ重い後遺症を負われた方の中には、後遺障害等級認定に納得いかないという方も少なくありません。このペー...

Keywordよく検索されるキーワード

ご挨拶

しろくま法律事務所は「あなたの決断に勇気を与える」ために創設されました。目の前の問題に立ち向かい、前に進んでいくためには、「決断」が必要です。その決断に悔いはないか?胸を張れる決断か?迷ったときは、しろくま法律事務所を頼ってください。しろくま法律事務所は、あなたが自身が勇気をもって決断できるよう、あらゆるサポートを尽くします。

Lawyer弁護士紹介

(五十音順)
庄司諭史先生の写真
弁護士
庄司 諭史(しょうじ さとし)
経歴
  • 京都大学法学部卒業、立命館大学法科大学院 修了
  • 平成27年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人i東大阪法律事務所入所
  • 令和元年 しろくま法律事務所 開設
注力分野

破産(法人破産・個人破産)や再生などの倒産案件

事業承継案件

交通事故

税務手続(審査請求・訴訟)

活動

全国倒産処理弁護士ネットワーク 会員

東大阪地区協力雇用主会 顧問

浜田将裕先生の写真
弁護士
浜田 将裕(はまだ まさひろ)
経歴
  • 関西大学法学部卒業、京都大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人中央総合法律事務所入所
  • 令和元年 しろくま法律事務所 開設
活動
  • 平成27年1月~現在 民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会委員(大阪弁護士会)
  • (一社)日本時計輸入協会CWC
書籍
  • 「企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業譲渡・会社分割・株式譲渡・合併・更正再生清算」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業再生の実務」(第一法規)共著
  • 「金融機関の法務対策5000講」(きんざい)共著
注力分野
不動産案件、債権回収案件、反社会的勢力やクレーマー対応案件

Office事務所概要

事務所内観・外観写真

名称 しろくま法律事務所
所属 大阪弁護士会
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-3 ヴェール中之島北402
電話番号 / FAX番号 06-6949-8229 / 06-6949-8239
定休日 土日祝、お盆・夏期休暇、年末年始
アクセス 「南森町」 駅より徒歩10分、「淀屋橋」駅より徒歩10分、「北浜」駅より徒歩8分

ページトップへ