相続発生から申告までの流れ / しろくま法律事務所(大阪市北区の弁護士)

しろくま法律事務所(大阪市北区の弁護士) > 相続 > 相続発生から申告までの流れ

相続発生から申告までの流れ

■相続手続きの2つの期限
相続手続きを行うにあたっては、①被相続人が亡くなってから3か月以内、②10か月以内という2つの期限を意識して進めていくことが必要になります。それぞれの期間内に行うべきことを、順に解説していきます。


■被相続人が亡くなってから3か月以内に行うこと


・遺言書に関わる手続き
相続の流れは遺言の有無によって大きく変わってきます。そのため、遺言に関わる手続きは、相続手続きの最初に行う必要があります。
まず、遺言の有無を確認します。遺言書が被相続人の自宅や公正証書に保管されていないか確認しましょう。
遺言書が自筆証書遺言の形式をとっている場合、家庭裁判所で検認を受けなければなりません。遺言書を未開封で保管し、家庭裁判所で申し出を行います。


・相続人と相続財産の調査
遺言の確認ができたら、相続人と相続財産の調査を行います。
相続人は、遺言が作成されていればその記載にしたがって決定します。遺言がない場合には民法により相続人が決定します(法定相続人)。被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を取得して、親族関係を調査しましょう。
相続財産は、被相続人が生前に有していた権利・義務の全てです。被相続人の不動産・銀行預金・有価証券・借金等を調査します。不動産の調査にあたっては、送付されていた固定資産税の課税明細書や、役場窓口で取得できる名寄帳をもとに調査するのがよいでしょう。


・相続放棄と限定承認
相続放棄とは、相続人がその地位を放棄するという意思表示です。相続放棄を行った人は最初から相続人ではなかったものとして扱われ、それ以外の相続人により財産が分配されることになります。
限定承認は、相続により取得したプラスの財産額を上限として、相続により負うこととなったマイナスの財産を負担するという意思表示です。
相続放棄や限定承認を希望する相続人は、被相続人の死亡を知った時から3か月以内に家庭裁判所にて行わなければなりません。
相続人として通常通り相続財産を承継することを単純承認といい、単純承認を行う場合には特に意思表示は必要ありません。

 

■被相続人が亡くなってから10か月以内に行うこと


・遺産分割協議
相続人・相続財産の確定ができたら、具体的な相続内容を決めます。相続人全員の同意により、遺産の分割方法を決定しましょう。
民法改正により、被相続人の配偶者は配偶者居住権という権利が新設されています。遺産分割協議で合意すれば、配偶者がこれまで住んでいた住居に住みつつ、金銭を相続して生活費を確保するという選択も可能です。


・遺産分割協議書
遺産分割協議が終わったら、協議内容を記載し、と相続人全員の署名・押印を行って、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は遺産分割のため必須というわけではありませんが、相続税申告等の手続きで必要になります。


・相続税申告と納付
相続税は、相続財産の総額が控除額を超えた場合に発生します。相続税に関わる手続きが必要かどうかを始めに確認しましょう。
相続税が発生する場合には、被相続人の死亡を知った時から10か月以内に、相続税申告と相続税の納付を行う必要があります。この期限を超えてしまうと延滞税等のペナルティがあるので気を付けましょう。

 

■被相続人が亡くなってから1年以内に行うこと
遺言が作成されていた場合であっても、被相続人の配偶者と子には最低限の取り分が認められています。子がいなかった場合には、被相続人の直系尊属にも取り分が認められます。このような取り分を、遺留分といいます。
実際に相続した財産が遺留分に満たない場合、相続を受けたものに対して、不足分の賠償を請求する権利が認められています(遺留分減殺請求権)。
例えば、被相続人の友人に相続財産全部を相続させる旨の遺言がなされていた場合には、法定相続人は遺留分を侵害されることになりますので、遺留分侵害請求を行うことができます。

 

しろくま法律事務所では、相続に関するさまざまなご相談を受け付けております。
大阪市を中心に関西地方からの相談に広く対応しております。
相続についてお困りの方は、お気軽にしろくま法律事務所までご相談ください。
法律と交渉のプロフェッショナルである弁護士が、ご相談者様へ最善の解決策をご提案させていただきます。

Knowledgeしろくま法律事務所が提供する基礎知識

  • 年収400万の養育費...

    養育費の相場について気になる方は多くいらっしゃいます。このページでは、離婚問題に関する多くのテーマの中から、養育費の相場...

  • 遺言書の種類とそれぞ...

    ■遺言の種類遺言が法的効力を持つためには、民法上の方式にしたがって作成されていることが必要になります。民法上認められた遺...

  • 年収別の養育費相場

    ■養育費とは養育費とは子どもの監護、教育のために必要な費用ことを言います。そして、両親が離婚した場合において、子どもを監...

  • 連れ子の相続権

    相続権は原則として配偶者は血族にのみ認められるものですから、連れ子には相続権が認められないのが原則です。しかしながら連れ...

  • 離婚の種類と手続き

    「夫がDV(家庭内暴力)を繰り返すようになったので、離婚したい。どうすれば安全に離婚について話し合うことができるだろうか...

  • FXでできた借金は債...

    FXでできた借金を債務整理することはできるのでしょうか。結論としては、FXでできた借金を債務整理することは可能ですが、自...

  • 任意整理のメリットと...

    任意整理とは、債権者との交渉によって毎月の返済額、返済期限、利息の減免など返済方法を見直すことです。債務整理は、債権者と...

  • 任意整理をした場合、...

    任意整理とは、債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している人)が交渉しながら借金などの債務を整理することです。...

  • 物損事故と人身事故の...

    交通事故の種類には、物損事故と人身事故の2つがあります。物損事故とは、事故によって物の損害が生じたものの、ケガ人や亡くな...

  • 交通事故における逸失...

    交通事故における逸失利益とは、その交通事故が起きていなければ得ていたであろう利益のことです。例えば、交通事故により後遺症...

Keywordよく検索されるキーワード

ご挨拶

しろくま法律事務所は「あなたの決断に勇気を与える」ために創設されました。目の前の問題に立ち向かい、前に進んでいくためには、「決断」が必要です。その決断に悔いはないか?胸を張れる決断か?迷ったときは、しろくま法律事務所を頼ってください。しろくま法律事務所は、あなたが自身が勇気をもって決断できるよう、あらゆるサポートを尽くします。

Lawyer弁護士紹介

(五十音順)
庄司諭史先生の写真
弁護士
庄司 諭史(しょうじ さとし)
経歴
  • 京都大学法学部卒業、立命館大学法科大学院 修了
  • 平成27年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人i東大阪法律事務所入所
  • 令和元年 しろくま法律事務所 開設
注力分野

破産(法人破産・個人破産)や再生などの倒産案件

事業承継案件

交通事故

税務手続(審査請求・訴訟)

活動

全国倒産処理弁護士ネットワーク 会員

東大阪地区協力雇用主会 顧問

浜田将裕先生の写真
弁護士
浜田 将裕(はまだ まさひろ)
経歴
  • 関西大学法学部卒業、京都大学法科大学院 修了
  • 平成26年 弁護士登録
  • 同  年 弁護士法人中央総合法律事務所入所
  • 令和元年 しろくま法律事務所 開設
活動
  • 平成27年1月~現在 民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会委員(大阪弁護士会)
  • (一社)日本時計輸入協会CWC
書籍
  • 「企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業譲渡・会社分割・株式譲渡・合併・更正再生清算」(第一法規)共著
  • 「TAX&LAW 事業再生の実務」(第一法規)共著
  • 「金融機関の法務対策5000講」(きんざい)共著
注力分野
不動産案件、債権回収案件、反社会的勢力やクレーマー対応案件

Office事務所概要

事務所内観・外観写真

名称 しろくま法律事務所
所属 大阪弁護士会
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-3 ヴェール中之島北402
電話番号 / FAX番号 06-6949-8229 / 06-6949-8239
定休日 土日祝、お盆・夏期休暇、年末年始
アクセス 「南森町」 駅より徒歩10分、「淀屋橋」駅より徒歩10分、「北浜」駅より徒歩8分

ページトップへ